女性ホルモンの減少が不調を招く~ホルモンを増やす方法を試そう~

ウーマン

ホルモンバランスを整える

頭を抱える女性

40代後半から50代頃の女性が悩まされるのが、更年期障害です。更年期障害とは、閉経を迎えるあたりで女性ホルモンの分泌が不安定になってくる期間に現れる身体や心の不調です。更年期障害の症状や程度、始まる年齢は個人差があります。同じく、ホルモンバランスが乱れることで引き起こされると言われている自律神経失調症の一種でもあります。女性は、卵巣から女性ホルモンであるエストロゲンが分泌されているのですが、閉経が近づくとエストロゲンを分泌する力が弱くなってしまいます。そのために、必要な量のエストロゲンが脳に届かず、脳からはエストロゲンが足りていないという信号が送られます。信号が送られてきても、卵巣にはエストロゲンを作り出す力がないためにホルモンの乱れとなってしまうのです。更年期障害の症状は、ホットフラッシュという身体のほてりや、スウェッティングと言われる大量に汗をかいてしまうことが代表的です。ほかにも、ちょっとしたことでイライラしたり落ち込んだり、精神面の症状が現れる方がいます。さらにその症状の度合いも、人によってバラつきがあり、あまり気にならない程度の症状の方もいれば、日常生活に支障をきたす程の症状が出る方もいます。できる限り軽い症状であればという方は、更年期障害の症状を緩和させる効果が期待できるサプリを取り入れてみるとよいでしょう。やたらと身体がほてったり、以前は気にならなかったことにイライラするようになったらサプリを試すタイミングです。更年期に取り入れるとよいとされる成分は、主に大豆イソフラボンやエクオールなどのエストロゲンと似た働きをしてくれる成分です。これらのサプリを取り入れることで、足りない分のエストロゲンの働きの代役をしてもらい、ホルモンバランスの乱れの緩和を目指します。サプリは、特効薬というわけではありませんので、症状が重くなる前に、少しずつ試してみるとよいです。